枚方市御殿山の 渚うめだ整形外科クリニック 変形性膝関節症のページ|高槻 交野

京阪本線「御殿山」駅から3分〒573-1183 大阪府枚方市渚南町24-31 なぎさクリニックモール1F・3F

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、膝関節の軟骨が加齢や使い過ぎにより摩耗し、関節炎や変形が生じて、膝の痛みがあるほか、水が溜まるなどの症状が現れる疾患です。膝の痛みや腫れ、動かしにくさなどは、軟骨のすり減り具合により変わってきます。主な原因は関節軟骨の老化であり、年齢とともに患者数が増加するほか、肥満や素因(遺伝子)も関与していると言われています。このほか女性は男性の約4倍の患者数であることも特徴です。

初期症状としては、階段の下り、あるいは立ち上がり・歩き始めといった動作の開始時にのみ痛みがあり、休めば痛みが消え、動き始めると痛みをさほど感じなくなります。しかし、症状が進行すると歩行中も痛みを感じるようになり、膝関節の曲げ伸ばしにも制限を感じるようになます。さらに重度になると、安静時にも痛みがとれなくなり、膝関節の変形も目立ってきます。また、膝を伸ばして歩くといったことも困難になり、ロコモティブシンドロームとなる可能性があります。

治療について

変形性膝関節症の治療法には、薬物療法と手術療法があります。初期の段階では薬物療法とリハビリテーションになります。痛みが強い場合は、消炎鎮痛剤、湿布、塗り薬などを使用するほか、膝関節内にヒアルロン酸の注射などを打ったりして治療します。また、リハビリテーションとして、膝を温めたりする物理療法、関節の動く範囲を維持する体操なども無理のない程度で、継続して行うようにします。

このほか、膝の関節のすり減り具合を進行させないように肥満傾向のある方は少しでも体重を減らす、もしくはこれ以上体重を増やさないように努める必要があります。さらに、太ももや膝まわりの筋肉を鍛えて膝関節を支える力を強くすることも大切です。

手術療法について

このような治療法を行っても改善効果が認められない場合は手術療法が検討されますが、手術の方法はいくつかあります。

その方法とは、関節鏡手術という膝の中にカメラを入れて骨棘(こつきょく:骨のとげ)を処理する施術をはじめ、骨を切って変形を矯正し、膝の内側に掛かる負担を軽くする骨切手術、変形した部分を人工の部品で置き換える人工膝関節置換術などがあります。

ページTOPへ