枚方市御殿山の 渚うめだ整形外科クリニック 外傷のページ|高槻 交野

京阪本線「御殿山」駅から3分〒573-1183 大阪府枚方市渚南町24-31 なぎさクリニックモール1F・3F

外傷

外傷とは

切り傷や擦り傷、咬傷、やけどなどの外傷をはじめ、捻挫、打撲、骨折の外科処置も行っています。感染症を防ぐためにも、けがをされた場合は速やかにご受診ください。

なお、捻挫の場合は骨折が伴うことは少ないですが、複数の靭帯が完全に断裂するなど重いケースも考えられます。また、骨折は軽度であっても、放置状態だと骨がうまくくっつかない、変形する、治るまでに時間がかかるといったケースもありますので、捻挫や骨折が疑われる場合もお早めに受診なさるようにしてください。

このような症状はご相談ください

  • 外傷(切り傷・擦り傷・咬傷・やけど など)
  • 捻挫
  • 打撲
  • 骨折
  • 手術後のケア など

湿潤療法について

当クリニックは、創傷(体表のけが)処置につきましては、「湿潤療法(モイストケア)」も行います。これは「自己治癒能力」を最大限に生かす治療法であり、痛みを少なくすることができ、けがの治りが早くなるほか、きれいに治るという特徴があります。

これまでなら傷を消毒して乾燥させ、瘡蓋(かさぶた)を作って治すというのが一般的でした。しかし湿潤療法では、水で傷口を洗い流した後、創面を専用の創傷被覆材(ドレッシング材)で密封します。そのため、消毒によって傷を深くすることがないので、痛みも少なくて済むのです。

湿潤療法の原則は主に3つあり、水でよく洗う、消毒をしない、乾燥させないです。従来の治療は再生が遅くなりがちで、消毒液により健康な皮膚まで傷めていました。この湿潤治療であれば傷口から出てくる滲出液を封じ込め、湿らせた状態で治すので、そのような弊害が少なくなります。滲出液の働きによって、「より早く」そして「より綺麗に」皮膚が再生されていくのです。

ページTOPへ